SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN

TOPICS

TOPICS一覧

コラム

【コラム】第5回 フィーチャーストーリー 荏隈秀一プロ ~2年連続の年間チャンピオンを掴むために~

第5回 フィーチャーストーリー荏隈秀一プロ.jpg 昨シーズン、見事に年間ランキング1位(BLUE SEASON 2位・RED SEASON 1位)を獲得した荏隈秀一プロ。今シーズンは開幕直後こそ、なかなか波に乗れませんでしたが徐々に本来のプレイを取り戻し、会場を盛り上げています。今回のインタビューでは、昨シーズンの王者として戦う心境や、SUPER DARTS 2018、SOFT DARTS WORLD CUP 2017など世界の舞台で戦って感じたことを聞きました。

■ただ、自分のプレイだけに集中する

2年連続の年間チャンピオンを目指す今シーズン。自然とギャラリーが増え、荏隈プロに対する注目が高まっています。プレッシャーを感じることはあるのでしょうか?

「プレッシャーは特に感じていませんね。試合中はただ、自分のプレイに集中しているので。確かに開幕直後は、なかなか思うようなダーツができませんでしたが、その原因は昨シーズンの成績を意識しているからではありません。毎年、調子が上がらない苦しい時期があり、今年はたまたまそれが前半に来ただけなんです。また、ここ数試合は自分のダーツができているので、徐々に調子が上向いていくと思います」


■もう一度、世界の舞台でプレイを

昨年のSOFT DARTS WORLD CUPでは、初めての世界大会にもかかわらず、見事MVPを獲得した荏隈プロ。世界の舞台で戦った感想を聞きました。

「夢の中でダーツを投げているような気分でしたね。SOFT DARTS WORLD CUPは、初めての世界大会だったので、一週間前から緊張していました。ところが、実際に舞台に立つと予想以上に集中できたんです。おそらく、あまりにも大舞台過ぎて現実味を感じなかったことが、プラスに働いたのだと思います(笑)。一方、SUPER DARTSでは、調整ミスもあり思うようなプレイができませんでしたね。もっといい試合ができたのではないかと、心残りがあります」


■劣勢になっても、勝利を掴めるプレイヤーを目指して

最後に、荏隈プロに今の課題を語ってもらいました。2年連続の年間チャンピオンを掴むために必要な力とは?
「試合中であっても、悪い部分を修正できる力を身に付けたいです。調子が良いときにだけ勝つプレイヤーでは、安定した成績を残せないので。どんな劣勢になっても持ち直し、勝利を手にできるプレイヤーになりたいです」
終始笑顔でインタビューに応じる姿が印象的だった荏隈プロ。「手ごわいプロが多いけれど、自分のダーツを貫いて2年連続の年間チャンピオンを達成したいです」と力強く語ってくれました。さらに磨きのかかったテクニックで、再び頂点に向かい突き進んでいくことでしょう。


▼選手名鑑(荏隈秀一プロ)
http://livescore.japanprodarts.jp/directory_detail.php?p=468

NEXT STAGE

FACEBOOK

ARCHIVES

  • ランキング

  • 試合結果

  • 大会詳細

MEDIA

  • DARTSLIVE.TV
  • JAPAN DARTS.TV
  • SOFTDARTS BIBLE