SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN

TOPICS

TOPICS一覧

コラム

【コラム】第9回 フィーチャーストーリー 鈴木未来プロ ~地道なトレーニングで作りあげた強い精神力~

mikuru.JPGのサムネイル画像
BLUE SEASONの全9ステージで8度優勝を飾り、圧倒的な強さを見せた鈴木未来プロ。常にピンチに陥ってからの華麗な逆転勝利が印象的です。さて、その精神力はいったいどのようにして鍛えられたのでしょうか?今回は鈴木プロに、強いメンタルの秘密を伺いました。


■集中力に自信がなかった過去

JAPAN参戦以降、上位で活躍しつづけている鈴木プロ。プロになった当初から、集中力に自信があったのでしょうか?

「もともと、集中力にはそれほど自信がありませんでした。緊張してくよくよするタイプで、試合中もギャラリーが気になっていました。『プロだから入れられないと恥ずかしい』と余計な考えが浮かぶことも多かったです。プレイ中は1本目が入らないと、『2本目は入れなければいけない』と焦ってしまいその結果、思うようなプレイができませんでした。そして3本目はさらに空回りしてしまうという、悪循環に陥ることが多かったですね」


■毎日の生活から思考法を変える

昨年から通算18ステージ連続優勝を飾るなど、大切な場面での勝負強さが印象的な鈴木プロ。どのようにして強いメンタルを作りあげたのでしょうか?

「日々生活を送るなかで、考え方を変えていきました。なかでも、夫の支えがあったことが一番大きな要因です。私のために、メンタル強化のための本を読んだり、メンタルトレーナーの講習を受けにいったりと、さまざまな勉強をしてくれたんです。そんな夫が教えてくれたことをコツコツと実践していきました。たとえば雨が降ったら、だいたいの人は"嫌だな"と思いますが、よく考えてみると"雨=嫌なもの"ではないんです。つまり雨をどう考えるかはその人が決めているので、"雨が降っている"だけで、それ以上を考えないように意識しました。するとイライラや焦りなど、余計な感情が生まれずに済むんです。これはダーツでも同じで、入っても入らなくても、それ以上は考えないように心がけました。もちろん簡単にできることではありません。毎日意識して地道に思考方法を変えていきました」


■思い通りにいかないことは当たり前

日頃の鍛錬の積み重ねで強い精神力を手に入れた鈴木プロですが、試合中はどのようなことを意識しているのでしょうか?

「いかに次につなげるかを考えています。ダーツは100%入るものではなく、そもそも外れる可能性の方が高いんです。そのため『思い通りにいかないことは当たり前』と認めるようにしています。ミスをしても引きずらずに忘れること、そしてすぐに次のプレイに意識を向けることが大切です。また集中法にもコツがあります。常に集中力を持続することは難しいので、1レグから最終レグまで浅く集中していて、ここぞという場面では深く集中することが大切です。深く、短く集中しているときは"ゾーンに入った"と呼ばれる状態で、この時は考えなくても体が勝手に動きますし、周りのことが一切気にならなくなります。ゾーンに入るために大切なのは、何よりも焦らないことです。"入れなければ"ではなく"入れたい"と希望を持ちながらプレイすることを心がけています」

集中力について他のプレイヤーから質問を受けることも多いと言う鈴木プロ。最後にこれからトッププレイヤーを目指す若手に向けて、アドバイスを聞きました。

「早くからメンタルを意識する方が多くいますが、技術があってこその精神力なのでメンタルトレーニングは後からでいいと思います。心技体のバランスがとれていることが大切で、上位で長く活躍しているプレイヤ―はそのバランスを上手くコントロールできたプロです。私のようにある程度時間がかかることもありますが、自然とできる人もいます」

周りのレベルが上がっているので、追いつかれないようにさらにレベルアップしていきたいと笑顔を見せてくれた鈴木プロ。RED SEASONでは、どんなプレイを見せてくれるのでしょうか。さらなる活躍に期待です。


▼選手名鑑(鈴木未来プロ)
http://livescore.japanprodarts.jp/directory_detail.php?p=2080

NEXT STAGE

FACEBOOK

ARCHIVES

  • ランキング

  • 試合結果

  • 大会詳細

MEDIA

  • DARTSLIVE.TV
  • JAPAN DARTS.TV
  • SOFTDARTS BIBLE