SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN

TOPICS

TOPICS一覧

コラム

【コラム】第24回フィーチャーストーリー 広瀬晴香プロ~苦しみ続けて掴み取ったLADIES 8~

24.jpg
女王、鈴木未来プロの連勝が止まるなど混戦模様のJAPAN LADIES。選手同士の力が拮抗しており緊張感のある試合が展開されています。そんな中で、これからの活躍が楽しみなプロのひとりが広瀬晴香プロ。昨シーズンのSTAGE 12 北海道で準優勝を果たすなど、RED SEASONから頭角を現しました。今回はそんな広瀬プロにインタビュー。これまでのプロ生活を振り返り、苦しかった時期や刺激を受けているプレイヤーについて聞きました。

■何も出来ずに悔しさだけが残ったプロデビュー

2018年 STAGE 12 北海道で準優勝などブレイクを果たした広瀬プロに、上位で活躍するに至る道のりを聞きました。

「初めてダーツに触れたのは6年前で、その後すぐにダーツバーで働き始めました。店内に流れていたトッププレイヤーのDVDを『カッコいい』と思いながらずっと眺めていたので、その頃からぼんやりとプロには興味を持っていたと思います。お店には上手い人たちがたくさんいて、日頃から一緒にプレイしていましたが負けてばかりで、悔しくて悔しくて『いつか勝ってやる』と思いながら練習をしていました。当時は午前5時に閉店になってから、お昼の12時ごろまで1日に7時間ほど投げていたと思います」

ある程度の技術を身に付けても、実際の試合でその力を発揮することは難しいもの。広瀬プロにJAPANに参戦した当初を振り返り語ってもらいました。

「プロのライセンスを取得したのはダーツを初めて1年後くらいで、JAPANに参戦したのは2014年からです。当初はスポット参戦で出場したのは関東の大会のみで、結果は予選ロビンでことごとくストレート負け。撃っても撃っても入らなくて焦ってしまい、何もできずに終わってばかりでした。今のようにLADIES 8に残れるとは、まったく想像できませんでしたね(笑)」

■初めて試合後に泣いた日

2014年に参戦後、地道に力を付けてきた広瀬プロ。これまででもっとも印象に残っている大会について聞きました。

「初めて入替え戦に進出した2016年のSTAGE 3が、とくに悔しくて印象に残っている大会です。その日は予選からずっと波に乗っていて、入替え戦でも自分なりに力を出し切ることができました。それでも結果は1-3であっさりと負けてしまって、『上位のプロとの力の差はこんなにもあるのか』と実感したんです。試合後に初めて大泣きして、その試合をきっかけに練習方法やメンタルの作り方を考え直しました。それから徐々に結果が出始めて、初めて入替え戦を突破したのが2017年 STAGE 11の兵庫大会でした」

■JAPAN LADIESのライバルと憧れの存在

試合では個人の強さが試されるダーツですが、やはり仲間の存在は心強いものです。そこで広瀬プロに共に腕を磨いているプロの存在について語ってもらいました。

「JAPANのプロでは宮脇実由プロ、西川利一郎プロ、風間祐貴プロなどと一緒にプレイしていて、とくに宮脇プロは日頃からよく話し合いながら練習をしています。彼女の方が私よりも後にJAPANに参戦しましたが、当初から高い技術を持っていたので経験を積めば必ず活躍するだろうと思っていました。今はしっかりと成績を残しているので、やはり凄いなと。同時に『負けたくない』という気持ちも湧きますから良い刺激を与えてくれるライバルだと思っています」

数多くのトッププレイヤーがしのぎを削っているJAPAN LADIES。そんな中で広瀬プロがとくに憧れているプレイヤーはいるのでしょうか?

「選手としても女性としても本当に素敵な方なので、ずっと憧れているのは鈴木未来プロです。いままでプロの試合を観て泣いたことはありませんでしたが、今年のBDOレイクサイドワールドチャンピオンシップで鈴木プロが優勝した試合は、中継を号泣しながら観ていました。本当に凄くて、それでも実際に話すと気さくで面白くて『こういう人になりたい』といつも感じています。アドバイスをくれることもあるので、その時はもうひたすらメモしていますね(笑)」

インタビューを通して辛い時期でも一歩一歩、前進を続けてきた姿が印象的だった広瀬プロ。今後の目標として「スロースターターなので、ツアー前半から力を発揮できるようになりたい」と語ってくれました。今シーズンはまだまだ序盤。再び決勝の舞台に立ち、観客を盛り上げる広瀬プロに期待です。

▼選手名鑑(広瀬晴香プロ)
http://livescore.japanprodarts.jp/directory_detail.php?p=1944

NEXT STAGE

FACEBOOK

ARCHIVES

  • ランキング

  • 試合結果

  • 大会詳細

MEDIA

  • DARTSLIVE.TV
  • JAPAN DARTS.TV